メルフィー トップ > 洗顔石鹸 トップ > タナクラクレイ配合

ポイントその2
優しく洗っても汚れをしっかり落とす  タナクラクレイ配合

洗顔の目的は、汚れや余分な皮脂を取り除く事です。洗い過ぎてしまうと必要な皮脂まで取り過ぎてしまい、お肌のトラブルの原因となります。メルフィーモイストソープは、優しく洗っても汚れをしっかり落とすためにタナクラクレイを配合しています。

タナクラクレイ

タナクラクレイは福島県棚倉町で採取される海のミネラル成分が濃縮された天然の鉱物(泥)です。タナクラクレイは、粒子のサイズが20〜30ミクロンと非常に小さく、その粒子の表面は1千万分の1ミリ程のナノメーターサイズの孔が沢山開いた多孔質構造をしており、老廃物や油等の吸収力が非常に高いと言われています。ヨーロッパ産の泥に比べてミネラルの種類も量も多いとのデータもあり、ヨーロッパのエステでも利用される優れものです。
洗浄の様子

肌に優しい洗顔

皮脂 天然クリーム

皮脂は皮脂腺から分泌される脂質で、汗や皮膚常在菌の産生物質などと混じりあって皮脂膜の形でお肌の表面を薄っすらと覆います。この皮脂は脂肪酸を含んでいて、お肌表面を弱酸性に保ち、耐水性を保つ役割もあります。
皮脂は、お肌表面をしっとり柔軟にさせて細胞間脂質の流失を防いだり、摩擦を減らしてお肌表面が傷つくのを防いだりして、お肌の保湿システムを守るのにも役立つ天然のクリームです。 分泌が多すぎるとテカリやニキビの原因となり、汚いもの・嫌われものに思われがちですが、少なすぎるとお肌は傷つきカサついて肌荒れを起こしてしまいます。また、お肌がアルカリ性に傾くとアルカリ性を好む病原菌が付着して増殖し始め、重大なトラブルを引き起こしてしまう可能性もあります。
清潔さを保つのは良いことですが、洗顔などで必要以上に皮脂を取り除いてしまわないことが大切です。

保湿成分・ミネラル配合